老後は自分の子供に世話になろう

社会保障で年金の問題がかなり以前から、叫ばれています。

今後は少子高齢化でますます原資が厳しくなるでしょう。その元凶の大きな要因は女性が子供を産まなくなったことでしょう。このままでは、年金制度はおろか国が滅んでしまいます。ここで制度をもう一度、見直すのであれば、年金制度は廃止して、皆、自分の産んだ子供に物心両面で面倒をみてもらう慣習に回帰すればいいと思います。そして現役世代からの徴収は勿論廃止します。そうすれば老後のことを考え、皆、子供の多い家族を作ると思います。子供の出 来ない夫婦は里子をもらえばいいのです。これにより結婚も増え、国力も増強します。どうしても子供に縁が無い人が不幸になるという意見も出て来るかもしれませんが、それはもともと自分自身に原因があるからです。そういう人は場合によっては、運が悪いと諦めてもらうしかありません。このままでは、一億総国民が終焉を迎えるので、それよりはよっぽどいい選択だと思います。

クリアデオール体臭スプレー